メニュー

熱中症について

真夏と梅雨時に要注意

necchusyou_shitsunai

6月後半~7月の晴れ間や、梅雨明けの蒸し暑くなった時期にも熱中症は多く見られます。

8月の日中、最高気温が高くなった日や熱帯夜が続くと、夜間でも熱中症が起こりやすくなることがわかっています。

熱中症には誰もが注意する必要がありますが、その中でも特に熱中症
を起こしやすい方として、乳幼児や高齢者が熱中症を起こしやすい傾向にあります。
特に暑い日や梅雨明けは注意しましょう。

環境省 熱中症予防情報:http://www.wbgt.env.go.jp/

sports_suibun_hokyuu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME